『X−MEN アポカリプス』
『メカニック・ワールドミッション』



 










『TSUKIJI WONDERLAND(築地ワンダーランド)』









all image and content are copyright 1998 Theatre Isawa all rights reserved. No reproduction without permission.
Scroll
Scroll


【X−MEN アポカリプス】世界最初にして最強のミュータントであるエン・サバ・ヌールはその強大な能力によって人々から崇拝の対象となり、古代エジプトを支配していた。彼は自分が老いると他のミュータントの体に自分の魂を移して長い間生きながらえてきた。しかしヒーリング・ファクターの能力をもつミュータントの体に魂をうつす儀式を行おうとしたところ、彼に反感を持つ者たちの反乱に遭い、4人の従者が命をなげうって彼を守るものの彼はピラミッドに生き埋めになり、長い間の眠りにつくこととなった。 1983年、1974年(前作『X-MEN: フューチャー&パスト』)以来ミュータントの存在が公になって以降、ミュータントを神の再来としてあがめるカルト集団がいくつもでき、そのうちのひとつが「エン・サバ・ヌール(アポカリプス)」を目覚めさせる。カイロの下町を歩き回ったアポカリプスは、人類の文明は道を見失っていると感じる。世界を破壊し、再構築するためにまずは天気を操る能力を持ち、窃盗で生き延びてきた少女オロロ・マンローの能力を買いリクルートし、その能力を増幅させる。アポカリプスは自身直属の配下「黙示録の四騎士」を再結成すべく、自身の配下に見合うだけの実力を持つ残り3人のミュータントを探し始める。 東独では姿を自由自在に変えることができる「ミスティーク」ことレイヴンが、地下で行われるファイト・クラブでチャンピオンに君臨する翼が生えたミュータントの「エンジェル」を見つけていた。10連勝した彼のもとに挑戦者として瞬間移動の能力を持つカート・ワグナーが放り込まれる。カートを助け出したレイヴンは闇商人であるカリバンに偽造パスポートを作ってもらい、カートと共にアメリカに戻る。アポカリプスはミュータントの情報を求めてカイロから東独のカリバンを訪ね、彼のもとで働くサイロックをリクルートする。また、サイロックの手引きによりファイト・クラブから逃げ出したエンジェルを見つけたアポカリプスは彼もリクルートする。アポカリプスはエンジェルの従来の鳥の持つような有機物の羽を、無機物の金属の羽に変えて能力を強化する。 かつてキューバ危機の際に第三次世界大戦を防ぐためにと戦った「ハボック」ことアレックス・サマーズは弟のスコットが自身と同様に赤い破壊エネルギーであるオプティック・ブラストを放てるようになったことに気付く。アレックスは、キューバ危機の際にともに戦った仲間であるプロフェッサーXことチャールズ・エグゼビアが開く恵まれし子らの学園に連れていく。スコットはそこでチャールズやハンクに能力を使いこなすために訓練をしてもらう。またスコットは強力なテレパスであるジーン・グレイと知り合う。そこにレイヴンがカートを連れてくる。 一方、アポカリプスの強大な力は世界中に影響を与えており、テレパスであるジーンは夜な夜な世界が滅びる悪夢に悩まされていた。チャールズとアレックスは手掛かりを得るために、かつてキューバ危機の際に共闘したCIAエージェントのモイラ・マクタガートに協力を求める。【メカニック・ワールドミッション】殺し屋を引退し名前も変えリオデジャネイロでひっそりと暮らしていたビショップの元に見知らぬ女が現れ、彼女の雇い主がビショップに復帰して3人のターゲット達を殺してほしがっている事を伝える。ビショップは女の顔を携帯で撮り、周りにいた殺し屋達を次々と倒して彼女から逃げきるのだった。ビショップは倉庫に行きパソコンを取り出すと女の写真を照合し彼女の正体とその雇い主が彼のかつての友人クレインだという事を知る。その後パスポートを焼き、保管していた偽造パスポートを持って友人のメイを尋ね、そこで身を隠していた。 メカニック:ワールドミッションのネタバレあらすじ:2 ある日の夜ボートで旅行中のカップルが喧嘩しているのをメイが聞きつけ、その異常な悲鳴から女性が襲われていると思った彼女はビショップに助けに行くように促す。ボートに着いたビショップに興奮状態の男性が銃を向けたため反撃するがその勢いで男性が頭を打ち死んでしまう。ビショップはその男性を乗せたままそのボートを沖まで運転し爆破させる。ジーナのパスポートを見て不審に思ったビショップが彼女に何を企んでいるのかと追い詰めると、彼女はカンボジアで貧しい子供達を助けていたがクレインに友人をさらわれいう事を聞くように脅されたと説明する。ジーナの言っている事が真実だと知ったビショップはジーナと距離を縮めていき、彼の父親の形見である腕時計を彼女に持たせるのだった。しかしそんな二人をクレインの手下達が見つけ出し、彼らはジーナを人質として誘拐しビショップに殺しの依頼を受けさせるのだった。



【築地】これは、時代を超えて受け継ぐ物語 ? 80年の歴史に幕を下ろす、 日本の食文化を支えた唯一無二の「ワンダーランド」。江戸時代にはじまる日本橋魚河岸から、築地の地に移り80年。銀座から徒歩15分に位置し、 美食都市TOKYOを代表する街=銀座を育てた〈築地市場〉は、長年に渡り日本の食文化を支え続けてきた。 世界一のフィッシュマーケットであり、海外のトップシェフのリスペクトも獲得するこの市場は、 その歴史に終止符を打ち豊洲へ移転する。この時代の節目に〈築地〉の真実に肉薄する作品が完成した。